小説家になろう
連雀さんの
ブックマーク一覧
Adieu.(雪原淡月)

これは、伝わらなかった言葉たち。 どこにでもある、ありふれた失恋。

聖夜(雪原淡月)

過去小説をひっそりと。 流石にクリスマス当日に投稿するのは気が引けました。 一応登場人物は想定していますが、関係なく読めるように書いたつもりです。 救世主は、救済された側かもしれないというお話。

或る女の遺書(雪原淡月)

taskey、カクヨムにも投稿しています。 白雪姫をモチーフにした現代の話です。 女が遺書に綴った、「娘」への思いとは……

敗者の街(雪原淡月)

「たぶん、僕は殺される」 とある街に迷い込んだ青年は、そこで目を背けていた過去を目の当たりにする。 因縁は容易に解けずもつれ、狂気や劣等感、憎しみの連鎖で深く絡み合う。 「敗者の街」で得られるものは、果たしてーー? この「叫び」こそが、現実だ。 *** ほか投稿サイト、自サイトにも重複投稿予定です。 過激な描写あり。

タクシーの運転手 A  (怖い話)(氷川哲)

怖い話。 オチはベタ。 文章力はヘタ。 夏の終わりに怖いものを書こうと思ったのに、 どうしてこうなった・・・

もしかしたら超簡単に小説作る方法を思いついてしまったかもしれないので記録しておこうと思う(本井 出羽乃)

突然の思いつきを書きつらね☆ミ 難しいことは一切なし。 なんかそれっぽいことを書く。 ※1例のところは異世界転生寄りです。 ※2なろうで書いてる人であまりわからない素人向け。 ※3いわゆるガチなものではないので落書きくらいに思ってあたたかい目でみてください。

空に、君の名を呼べば。(佐藤和輔)

かつての熱い青春時代も、ほんの些細なことで終わりを告げた。 大人になった和弥は、人間関係の面倒臭さに嫌気がさし、まともな職にもつかず、堕落していた。 しかし、高校時代に組んでいたバンドのメンバーの言葉や想い、音楽が現在にリンクしてゆく。 思い出は、未来を映し出す鏡だった。 恋愛や、親友との友情。 和弥は、大切な物に気付き、自分らしさを取り戻してゆく。


ブクマカテゴリ
カテゴリ1(7)

連雀さんのマイページへ
作品一覧/活動報告
お気に入りユーザ/ブックマーク
評価した作品一覧
レビューした作品一覧
連雀さんのユーザ情報

           

TOPに戻る
小説家になろう/みてみん
利用マニュアル/ヘルプ/ガイドライン
利用規約/プライバシーポリシー
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ